保険Promenade

サイトトップ > 保険プロムナード > 自動車保険の広場 > 友人の車で事故!友人の保険を使わなければいけない?

ソニー損保:自動車保険の広場

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。

友人の車で事故!友人の保険を使わなければいけない?

090325illustration_01.jpg前回、自分の車を友人が運転していたときの事故の場合でも、友人が自分の自動車保険の運転者の条件を満たしていれば、自分の自動車保険を使えることを説明しました。
同様に、自分が友人の車を借りて運転していて事故を起こした場合は、友人の自動車保険の運転者の条件を満たしていれば、友人の自動車保険が使えます。
でも、自分が起こした事故で友人の自動車保険を使って等級を下げてしまうのも気がとがめますよね。

今回はこんなときに使える「他車運転危険担保特約」について説明します。


記事を監修してくださった、ファイナンシャルプランナー伊藤裕さんのプロフィール


090325Q.jpg
友人の車を借りてドライブしているときに事故を起こしてしまいました。こうした場合は、友人の車の自動車保険を使うことになるのでしょうか?好意で車を貸してくれた友人にはできるだけ迷惑をかけないようにしたいのですが・・・。


090325A.jpg
ご自分でも車を所有していて自動車保険に入っている場合には、ご自身の自動車保険の「他車運転危険担保特約」が使えます。

 

他車運転危険担保特約とは

臨時に借りた車を運転中に対人・対物賠償事故を起こして賠償責任が生じた場合、自分の自動車保険に対人・対物賠償保険が付帯されていれば自分の保険から優先して保険金を支払ってもらうことができる特約です。
また、自損事故による自身のケガについても、自分の保険から優先して保険金を支払ってもらえます。(人身傷害補償から保険金が支払われない場合のみ)  

この特約は通常、個人向けの自動車保険に自動的にセットされています。

ココに注意! 【他車運転危険担保特約で補償される条件】

とはいえ、他車運転危険担保特約は他人の車を借りていたときの事故すべてが補償対象になるわけではありません。以下のように適用条件がいくつかあります。

1. 記名被保険者が個人のご契約で、かつ、以下のa.~d.のいずれかの方が臨時に借りた車を運転中の事故であること
a. 記名被保険者  
b. 記名被保険者の配偶者
c. a.またはb.の同居の親族
d. a.またはb.の別居の未婚の子 

2. 臨時に借りた車が以下の用途車種であること
自家用普通乗用車/自家用小型乗用車/自家用軽四輪乗用車/自家用小型貨物車/自家用軽四輪貨物車/自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)/自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)/特種用途自動車(キャンピング車)

一般の人が運転する車は、ほとんど上記の8車種に入っていますが、これ以外の車種の車を臨時に借りて運転中に起こした事故については、他車運転危険担保特約は適用されません。自家用8車種に含まれない車の例としては、緑ナンバーの車や2トン超のトラック、建設車両などがあります。

 ココに注意! 【他車運転危険担保特約で補償されない場合】

また、上で説明した補償される条件に該当する場合でも、以下のようなものは補償の対象になりませんのでご注意ください。

1. 「借りた車」に含まれないもの
記名被保険者、その配偶者、これらの同居の親族が所有または主に使用する自動車は「借りた車」には含まれません。また、「借りた車」とはあくまでも「臨時」に借りた車であり、恒常的に借りている場合には他車運転危険担保特約は適用されません。

2. その他の補償されないケース
車の所有者の許しを得ずに運転していた場合、会社や事業用の車を業務上の理由で運転していた場合には、他車運転危険担保特約は適用されません。

 

借りた車の損傷も他車運転危険担保特約でカバーできる?

対人・対物賠償だけでなく、借りていた車の修理費についても他車運転危険担保特約が適用できる場合があります。ただし、借りた車もしくは自分の車、あるいは、双方の車が車両保険に加入しているなど、一定の条件を満たしていることが必要になります。
保険会社によって車両保険における他車運転危険担保特約の適用条件は異なりますので、よくご確認ください。

ココに注意! 【ソニー損保の場合】

借りた車の損害については、補償の対象となる車と借りた車の両方が車両保険に加入され、かつ、両方のご契約の条件から車両保険金をお支払いできる事故である場合にかぎり、補償の対象となっています。 


≪保険プロムナード編集局から≫
「他車運転危険担保特約」はほとんどの個人向け自動車保険に自動付帯されています。
この特約があれば、万一友人の車を運転していて対人・対物事故を起こして賠償責任が生じてしまったときでも自分の保険で保険金を支払ってもらうことができます。
とはいえ、友人に大きな迷惑を掛けてしまうことには変わりありません。事故を起こさないことが何よりも大切ですね!


Pickup Contents
「ソニー損保×そらべあ」エコロジーサイト
ソニー損保の事故解決力を支える秘密とは?
ソニー損保のCMギャラリー
保険あれこれ知恵袋