保険Promenade

サイトトップ > 保険プロムナード > 安心&快適ドライブのすすめ > 居眠り運転とクルマ酔い(その1)

ソニー損保:安心&快適ドライブのすすめ

以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。

居眠り運転とクルマ酔い(その1)

drive200802_003_00.jpgまだまだ寒い日もあるとはいえ、春はもう目の前。ドライブにはもってこいの季節が近づいてきました。ポカポカ陽気に包まれて、気の合う仲間や家族といっしょに出かければ、感動的な風景やおいしいグルメにきっと出会えるでしょう。でも、運転中に眠気に悩まされたり、クルマに酔ったりしては、せっかくの楽しいドライブも台無しですよね。

今回から4回にわたって、「居眠り運転」と「クルマ酔い」についてお話していきます。


危険な居眠り運転 ~1~

 「春眠暁を覚えず」とよくいいますが、空調のきいた快適な車内は、季節を問わず眠気を誘うようです。しかし、時速40kmで走行するクルマは1秒間に約11m進みます。うっかり5秒間ウトウトしてしまっただけで、一気に50m以上も進んでしまうのです。ドライバーの居眠り=居眠り運転は、重大事故につながる大変危険な行為です。

居眠り運転による事故の傾向

警察庁の統計によれば、2001~2005年に発生した死亡事故3万4490件のうち、居眠り運転による事故(居眠り事故)が1215件となっています。これは確実に居眠りが原因と特定されたものだけで、瞬間的な居眠りが原因の交通事故はもっと多いと考えられています。また、居眠り事故は、ほかの事故とくらべて被害の程度が大きく、死亡事故や重傷事故になる割合も非常に高くなっています。

居眠り事故の発生場所は単路(道路のうち交差点や踏切などを除いた部分)のカーブ地点に多く、走行中に路外に逸脱して壁などに激突したり、対向車と正面衝突したりするケースがほとんどという特徴があります。

時間帯別では、深夜の午前3~4時、早朝、そして午後3~4時に多く発生しています。これは人間の体内時計による脳の覚醒水準(意識がハッキリしている度合)も影響していると考えられています。年齢や性別によっても差はありますが、一般的に覚醒水準は午前6時頃が一番低く、午前10時頃に一番高くなり、午後1~4時頃にかけて少し低下します。そこから午後7時頃まで再び上昇したあと、翌日の午前6時頃まで徐々に低下していきます。

年齢層では、20~24歳が最も多く、次いで30~39歳、50~59歳の順に多くなっています。さらに、居眠り事故はほかの事故とくらべて、曇りの日に発生しやすいという統計もあります。これは晴れの日よりも視認性が低く、雨や霧などの日よりも緊張感が少ないためと考えられます。

inemuri01.jpg
※同じような景色の続く高速道路や国道での走行は、安心感や単調感から居眠り運転を誘発しやすいといわれています。

 

疲労蓄積のサインを見逃さない

居眠りは脳の覚醒水準の低下が原因で、そのほとんどが疲労の蓄積や目から入る刺激の低下で発生します。具体的には、身体疲労や睡眠不足、長距離運転による疲労、満腹感や血糖値の低下、連続運転による景色麻痺なども原因となります。

脳の覚醒水準が低下すると、集中力や判断力も大きく低下していきます。そのため無意識のうちに運転操作が雑になり、ハンドルやブレーキ操作に正確さを欠いたり、信号や標識を見落としたりするようになります。こうした状態を見逃してしまうと居眠り運転に陥って、重大な事故を引起こす危険性が高まります。

運転中に次のような状態を感じたら、それは疲労蓄積のサインです。

◆目がショボショボしたり視界がチラついたりする
◆頭が重くなる、痛くなる
◆前方だけを注視して、隣の車線や後方の車両に気がつかない
◆赤信号に気がつかずに交差点に進入しそうになる
◆無意識に前方の車両に接近しすぎている
◆あくびやまばたきの回数が増える

このような状態で運転を続けることは非常に危険です。しかし、同乗者がいない場合はなかなか自覚できないものです。日ごろから疲労蓄積のサインを意識して運転するように心がけましょう。

inemuri02.jpg
※疲労蓄積のサインを感じたらすぐに対策をとらないと危険です。

 

drive200802_003_99.jpg次回は、近年居眠り運転との関連性が問題となっている「睡眠時無呼吸症候群」と居眠り運転の防止策について紹介します。

 

このコーナーでは、ドライブに関する一般的な情報をご紹介しております。
個別のご質問についてはコメントとしてご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。


コメント(8)

私は昭和51年1月から無事故で交通違反は2回です。
眠い時は側道で15分位仮眠します。
流れに合った運転に心掛けています。
年間今は2万km程走ります。

from:ohono|2008年2月19日 17:32

眠りそうになった時、あるいは眠たくなった時に、休憩することは当然ですが眠たくならない食べ物などや眠たくなる仕組みを教えて欲しいです。
私は、なるべく満腹にならないように考えていますがそれでも眠たくなるので、眠眠打破以外の眠気を覚ますもの、眠くならないものを教えて欲しいです。

from:こかえもん|2008年2月20日 08:28

夏の8月黒煙を濛々と出しながら走るダンプに続いて一台の乗用車の後ろを走っていました。踏切の所で前の2台が止まったのを機に、あまりの臭いに窓ガラスを閉めました。
100~150m走ったところで眠気は全くなかったのに、気がついたら追突していました。
これは居眠り運転でしょうか?
自分では失神していたような感じですが?

from:滝口厳太郎|2008年2月22日 10:50

コメントを投稿していただき、ありがとうございます。
居眠り運転は大きな事故に直結する大変危険な行為ですので、ドライブ中の適度な休憩と、なんといっても日ごろの体調管理が一番ではないかと思っています。
でも、そうはいっても、毎日充実した睡眠をとるのが難しいという状況もありますよね・・・
私の場合、そんな日が続いたときは、なるべく太陽にあたるようにしています。仕事の合間はもちろんのこと、疲れたなぁ~と思う休日こそ(お天気がよければ)積極的に太陽にあたります。ほどよく太陽にあたった夜は眠りにつくのが早く、また短時間でもとても深く眠れているような気がしています。
皆さんも、よろしければ一度お試しください!

こかえもん様からの投稿にある「眠たくなる仕組み」は、今後のテーマとして検討させていただきたいと思います。
ほかにもこんなテーマを! と思われるものがありましたらどんどん投稿してください。
お待ちしております!

保険プロムナード編集局 小原(直)

from:保険プロムナード編集局|2008年2月25日 12:06

眠気が来たら広い所で休憩するに限る。 

「これが安全の秘訣」私運転歴ただの45年です。

from:みやちゃんです|2010年9月26日 21:03

コメントの投稿をいただき、ありがとうございます。
運転歴45年! 説得力のある「安全運転の秘訣」ですね。本当にそう思います。
最近は高速道路料金の引下げや無料化で、マイカーでの旅行やドライブが増えているようです。
これからドライブが気持ち良い季節になりますが、皆さんも、しっかり休憩しながら楽しいドライブを満喫してくださいね。

from:小原(直)|2010年9月27日 10:54

アメリカでは耳に引っ掛けておいて、頭がこっくりすると、ピーと音が鳴る小さな
器具が打ってましたが、日本では?

from:怖い怖い|2010年10月21日 09:29

コメントの投稿をいただき、ありがとうございます。保険プロムナード編集局です。
同乗者がいれば会話などもできますが、1人だと運転しながらの気分転換はなかなか難しそうです。
このような目覚ましグッズも役だってくれそうですね。
でも、何といっても休憩をとることが一番だと思いますので、疲労のサインを感じたら無理せず休んでくださいね。

from:小原(直)|2010年10月21日 10:45

Pickup Contents
「ソニー損保×そらべあ」エコロジーサイト
ソニー損保の事故解決力を支える秘密とは?
ソニー損保のCMギャラリー
保険あれこれ知恵袋