お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

自動車保険

車を買替えたら、自動車保険も手続きが必要?

2013年03月07日|編集:福田

「次の車はどんな車を買おう?」「デザインにこだわっても良いし、燃費のいい車も魅力的だし・・・」というように、車の買換えはワクワクするとても楽しみな一大イベントですよね。
楽しみがある反面、車を買換えたときは、名義変更やナンバープレート交付、車庫証明交付など、いろいろとしなければいけない手続きもたくさんあります。中でも重要な手続きの1つが、保険会社への連絡です。車を買替えたときには、自動車保険の契約内容の変更手続をしないと、いざ事故が発生した際に保険金が支払われないケースもあることはご存じですか?

今回は、車を買替えた場合の契約内容変更手続について解説していきます。
 

保険会社に連絡しないと困ったことが起こるの?

車を買替えたときには、契約車両の変更手続き(車両入替)をしないと新しく買った車は保険に入っていない状態、つまり、保険金が出ない状態になってしまいます。車を買替えたら必ず「契約車両の変更手続」をしましょう。

20130307_001.JPG

「契約車両の変更」って何?

契約車両の変更とは、保険証券に記載してある車(=被保険自動車、以下「補償の対象となるお車」と言換えます)を、保険期間の途中で別の車に変更することです。
 

契約車両の変更」をしないとどうなるの?

自動車保険は、保険証券に記載してある車(=補償の対象となるお車)について生じた損害を補償する商品です。
つまり、車の買替えのときは「補償の対象となるお車」も変更しないと、新たに取得した車は自動車保険の補償の対象外ということに。新たに取得した車に乗っていて事故に遭ったとしても、「補償の対象となるお車」ではないので保険会社から保険金を受取ることができない場合があります。
 

契約車両の変更」ができる条件(ソニー損保の場合)

「契約車両の変更手続」の必要性についてはご理解いただけましたでしょうか?なお、「契約車両の変更」ができる車には、いくつかの条件がありますので、一例を紹介します。ここでは、ソニー損保の場合の条件を紹介していますが、保険会社によって異なりますので、詳しくはご加入の保険会社にご確認ください。

20130307_002.JPG

もし、ソニー損保のご契約者の方で、上記の契約車両の変更条件に当てはまらない場合は、弊社カスタマーセンターまでお問合せください。
 

「契約車両の変更手続」の準備(ソニー損保の場合) 

契約車両の変更手続をするにあたって、以下の情報を事前に準備しておいた方が良いでしょう。なお、納車日前日になっても、以下の情報がそろわない場合は弊社カスタマーセンターまでご相談ください。

20130307_009.JPG

また、手続きの際には、クレジットカードや銀行口座の情報がすぐにわかるようにしておくことをおすすめします。新しく取得するお車の型式や車両保険の保険金額などによっては、保険料をお返しすることになったり、逆に追加保険料をいただいたりする場合も。保険料をお返しする際には、ご契約者ご本人名義の銀行口座へ振込みますので、口座情報を提示していただく必要があります。追加保険料が生じる場合は、クレジットカード払いやコンビニエンスストアでのお支払いなどからお選びいただけます。 
 

ウェブサイトでの「契約車両の変更手続」(ソニー損保の場合)

ソニー損保では、納車の10日前から、ウェブサイトで契約車両の変更手続をすることができます。
ウェブサイトなら、24時間いつでもご都合の良いときに手続きができますので、とっても便利。契約車両の変更手続の際には、ぜひウェブサイトをご利用ください。(*1)

20130307_003.JPG
 

「契約車両の変更」で等級もリセット?

ところで、契約車両の変更をすると、今まで蓄積してきた無事故割引(=ノンフリート等級)がリセットされてしまうのでは?と誤解されている方もいますが契約車両の変更によってノンフリート等級がリセットされることはありません。もちろん、無事故割引だけではなく、事故の履歴もそのまま引継ぐことになります。
 

「契約車両の変更」ができるのは新しい車だけ?

なお契約車両の変更ではノンフリート等級は引継げますが、どんな車でもOKというわけではありません。
契約車両の変更ができるのは、車両入替をした後の「補償の対象となるお車」が「新たに取得された車であること」もしくは「新たに1年以上の期間の貸借契約により借りたお車であること」が条件。つまり、以前から所有されているお車や、代車・レンタカーなど臨時に借りているお車への車両入替はNGなのでご注意を。なお、複数のお車を所有されていて、一部を廃車・譲渡・返還するときは、残った他のお車と変更することは可能です。

20130307_007.JPG

車を手放す方は、保険を解約してしまう前にご確認を!

お車を廃車・譲渡されたり、リース業者へ返還されたりする場合には、一定の条件を満たせば他のお車への変更ができます。車を手放すために保険の解約を検討されている方は、解約してしまう前に、ぜひ一度ご確認を!ただし、その際には車両変更後のお車の使用状況などに応じ、年齢条件など他の条件も変更する必要が生じる場合もありますので、ご注意ください。


せっかく保険にご加入いただいていても、契約内容が実態に適ったものでないと、いざというときに保険金が支払われない、ということにも・・・。契約内容に変更が生じたときには、ご面倒でも、必ず変更手続をしてくださいね。

(*1) 車を複数台お持ちの方で新しくお車の買換えをされる場合、カスタマーセンターにご相談のお電話をいただければ最適な補償プランをご提案します。保険料の節約ができるケースもございますので、車を複数台お持ちで新しくお車の買換えをされるお客様は、お気軽にカスタマーセンターへお電話ください。

◆車を買換えたときの手続き≪ソニー損保の場合≫
ウェブサイトでのお手続き
ウェブサイトで入力するだけで、面倒な書類のやりとりは不要です。 車両変更の手続開始はこちら

電話でのお手続き
電話でもお手続きできます。お手元に上記の「ご用意いただくもの」をご用意のうえカスタマーセンターまでお電話ください。
・ カスタマーセンター 0120-919-274 受付時間9:00~22:00(土・日・休日を問わず)

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル