お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

自動車保険

友人の車で事故 ~他車運転危険補償特約は使える?~

2015年09月17日|編集:福田

1509_001_01.jpg急用で車が必要になり、臨時で友人の車を借りたものの事故を起こしてまった・・・。
友人の自動車保険の運転者の条件を満たしていれば友人の自動車保険が使えますが、自分が起こした事故で友人の自動車保険のノンフリート等級を下げてしまうのは気がとがめます。

こんな時、ご自身で車を所有していて自動車保険を契約している場合には、「他車運転危険補償特約」で自分の自動車保険を使用することが可能です。今回は「他車運転危険補償特約」について説明します。

【ご注意!】
ここで紹介する事例等は、あくまでも当社の商品内容に基づくもので、かつ、一般的なものです。保険会社によって「他車運転危険補償特約」の適用条件は異なりますので、詳しくはご加入の保険会社にご確認ください。なお、ご契約内容や損害を受けた状況などによって実際の対応は異なることがあります。

他車運転危険補償特約とは

画像:友人の車を借りる契約車両を主に使用される方(記名被保険者)およびそのご家族(*1)が、友人・知人など他人から臨時に借りた車を運転中に交通事故を起こして賠償責任が生じた場合、借りた車を契約車両とみなし、他人の自動車保険より優先して自身の自動車保険から以下の保険金が支払われる特約です。ソニー損保では、記名被保険者が個人の自動車保険に自動でセットされています。

(*1)ご家族とは、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・別居の未婚の子をいいます。

支払われる保険金
【相手方への補償】

・対人賠償保険
借りた車の事故により、他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手方の治療費や慰謝料などを、自身の自動車保険の保険金額(契約時に設定した金額)を上限に補償します。

・対物賠償保険
借りた車の事故により、他人の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自身の自動車保険の保険金額(契約時に設定した金額)を上限に補償します。ソニー損保の場合、対物超過修理費用が対物賠償保険に自動付帯されていますので、相手の車を事故で破損させてしまい、修理費が時価額を超えてしまった場合も補償されます。

【自分や同乗者の補償】

・無保険車傷害危険補償特約
借りた車に乗車中の方が死亡されたり後遺障害を負ったとき、事故の相手方が任意保険に入っていないなど相手方から十分な補償がされない場合に保険金をお支払いします。ただし、人身傷害保険「車内+車外補償型」を付帯されている場合は、無保険車傷害危険補償特約ではなく、人身傷害保険から保険金が支払われます。

【借りた車の補償】

借りた車に直接生じた損害については、契約車両に車両保険が付帯されている場合で、かつ契約車両の契約条件等に従って車両保険金をお支払いできる事故の場合に、借りた車の時価額または対物賠償保険の保険金額を上限に補償します。ただし、借りた車に直接生じた損害に限ってお支払いするため、借りた車の修理期間中に発生する代車費用等は補償の対象になりません。

他車運転危険補償特約が使える条件

他車運転危険補償特約は他人の車を借りていたときの事故すべてが補償対象になるわけではありません。ソニー損保の場合の適用条件は以下のとおりです。

契約車両を主に使用される方(記名被保険者)が個人のご契約で、かつ、以下の①~④のいずれかの方が臨時に借りた車に運転者として運転席に乗車中の事故であること

① 契約車両を主に使用される方(記名被保険者)
② 契約車両を主に使用される方(記名被保険者)の配偶者
③ ①または②の同居の親族
④ ①または②の別居の未婚の子

契約車両および臨時に借りた車の用途車種が以下のいずれか(自家用8車種)に該当すること(*2)

画像:緑ナンバーの営業車両や2トン超のトラック、建設車両・ 自家用普通乗用車
・ 自家用小型乗用車
・ 自家用軽四輪乗用車
・ 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・ 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・ 自家用小型貨物車
・ 自家用軽四輪貨物車
・ 特種用途自動車(キャンピング車)

(*2)緑ナンバーの営業車両や2トン超のトラック、建設車両などは自家用8車種に含まれません。

「臨時に借りた」車であること

他車運転危険補償特約は、他の自動車を「臨時に」借りて使用するときのリスクに備えるもので、臨時に友人の車を借りて運転しているときの事故や、修理工場から修理期間に限って代車を借りて運転しているときの事故などが一般的に補償の対象となります。

ただし、例えば、借りた車を特に期限を定めずに自由に使用できる状態で借りている場合などは、「臨時に借りた」とはいえず、補償の対象になりません。また、契約車両を主に使用される方(記名被保険者)、その配偶者、または記名被保険者もしくはその配偶者の同居の親族が所有したり、常に使用したりする自動車は「臨時に借りた」とはいえず、補償の対象になりません。
その他、借りた車の所有者等の許しを得ずに運転していた場合や、会社や事業用の車を業務上の理由で運転していた場合等は、他車運転危険補償特約の補償の対象になりません。

他車運転危険補償特約で保険を使った場合、次年度のノンフリート等級は下がる?

他人の車の事故であってもご自身の保険を使うことになりますので、ご自身の車での事故の場合と考え方は同じです。

1509_001_02.jpg「対人賠償保険」「対物賠償保険」のいずれかから保険金をお支払いした場合については「3等級ダウン事故」となり、次年度の契約のノンフリート等級は事故1件につき3等級下がります。また、事故あり係数適用期間は事故1件につき3年加算されます。

無保険車傷害危険補償特約や人身傷害保険については、それらの保険のみから保険金をお支払いした場合は、事故原因にかかわらず「ノーカウント事故」となり、事故がなかったときと同様に次年度の契約の等級が1つ上がります。



他人の車を運転する機会はそう多くはありませんが、いざというときのためにも他車運転危険補償特約の存在は知っておくとよいでしょう。ただ、車の貸し借りには気をつけなければいけない点が多くありますので、友人や知人との間でのトラブルをできるだけ防ぐためにも、よほどのやむを得ない事情がある場合を除いては、レンタカーや今はやりのカーシェアリングなどを利用する方が得策かもしれません。

【関連記事】
以下記事では、ご自身の車を貸す場合の注意点をまとめています。
車を貸し借りするときの注意点

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル