お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

自動車保険

【保険金は支払われる?】盗難車が事故~所有者に賠償責任は生じるか~

2017年08月10日|編集:福田

大切な車が盗まれてしまい、その車を盗んだ犯人に事故を起こされてしまった―

レアなケースではありますが、起こりうる話です。今回は、盗まれた車で事故を起こされてしまった場合、自動車保険の補償や賠償責任がどうなるのかについて、解説します。

【ご注意!】
ここで紹介する事例等は、あくまでも当社の商品内容に基づくもので、かつ、一般的なものです。ご契約内容や事故の状況などによって実際の対応は異なることがあります。

【事例】盗難車で人身事故を起こされた場合

車を盗まれ、その車を盗んだ犯人が運転して人身事故を起こしてしまいました。

217681_01.png

【解説】賠償責任は犯人にあるが、所有者として車の管理責任が問われる可能性もある

このケースの場合、事故の責任は車を盗んで運転した犯人(運転者)にありますので、車を盗んだ犯人が事故の被害者に対して賠償しなければいけません。

しかし、車のオーナーは、所有者としてしっかりと車を管理する責任があるため、たとえ自分が交通事故を起こさなかったとしても、管理が不適切で容易に盗難される状況にあったと認定されると、車の所有者として責任を問われる可能性があります。

所有者の管理責任を問われる状況とは?

所有者の管理責任を問われる状況は、以下のような要素が複数重なっているような場合です。

エンジンやキーの付けっぱなし、もしくはドアロック未施錠で、かつ
・第三者が容易に接触可能な場所に駐車した
・車から長時間離れた
・盗難から事故発生まであまり時間が経過していない
・盗難に気づいた後、盗難届を速やかに出さずに放置した     など

一方、同じような状況でも、すぐに警察へ盗難届を提出し、その4~5日後に事故が起こったケースでは、所有者の責任はないとされた判例もあります。

とはいえ、実際には個々の状況や事情が勘案されたうえで、所有者の管理責任の有無が判断されます。

管理責任を問われてしまった場合はどうなる?

もし、車の管理が不適切で所有者としての管理責任を果たしていないと判断され、賠償義務があるとされた場合は、交通事故の被害者への賠償金の支払いについては、自身の自賠責保険、任意自動車保険(以下、自動車保険)の対人賠償保険や対物賠償保険を使うことができます。

自身の車の補償はどうなる?

盗難されている間に車が損傷した場合、自身の自動車保険の車両保険から保険金が支払われます。車両保険には、主に「一般型」と「エコノミー型」がありますが、盗難中に生じた損害はいずれの車両保険でも保険金支払いの対象です。

では、交通事故の被害者の補償はどうなるのでしょうか。

所有者に賠償責任なしと認定されたら被害者はどうなる?

所有者の管理方法に過失がないと判断されれば、もちろん所有者に賠償義務は生じません。交通事故の被害者は、所有者の自賠責保険や自動車保険から補償を受けられなければ、車を盗んだ犯人(運転者)に治療費等を賠償してもらうしかありません。
しかし、犯人が賠償金を支払う能力を持っていないということも考えられます。

もし、自賠責保険からも保険金が支払われず、運転者からも賠償を受けられない場合、交通事故の被害者は政府保障事業(*1)から人身事故についての救済を受けることになります。
ただし、政府保障事業からの救済は人身被害に対するものだけですので、被害者の車などモノの損害等に対する補償を受けることはできません。

このほか、被害者自身が自動車保険に加入をしていて人身傷害保険を付帯していれば、人身傷害保険から保険金が支払われる可能性があります。ただし、人身傷害保険から保険金が支払われた場合は、政府保障事業から重複して支払われることはありません。

(*1)自賠責保険から保険金を受取れない交通事故の被害者が利用できる制度で、政府から、自賠責保険の支払上限額と同額までのてん補金(保障)を受けられます。てん補金の限度額は、傷害が120万円、後遺障害が75万円から4,000万円、死亡が3,000万円です。
 



217681_02.png警察庁の調べでは、2016年中に起きた自動車盗難件数は11,655件と報告されています。1日あたりに換算すると32件の車両盗難が発生しており、決して他人事ではありません。
大切な車を盗まれないためにも、エンジンを掛けっぱなしで車から離れない、短い間でも車から離れるときは必ずロックをする、イモビライザなどの盗難防止機器を装着するなど、できる限りの自己防衛策をとるようにしましょう。

<参考資料>
警察庁 犯罪統計資料(平成28年1~12月分【確定値】)
日本損害保険協会 愛車を「盗難」「車上ねらい」から守る基本5箇条

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル