お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

安心・快適ドライブ

歩道の知識

2017年04月13日|編集:福田

203528_01.png普段、私たちが何気なく歩いている「歩道」にも起源や歴史があり、法令上の規定もきちんと設けられています。今回はドライバーにとっても身近な存在の歩道にまつわる歴史やトリビア、現在の問題点などを紹介します。

歩道の定義と現状

歩道とは一般に人が歩く道の総称として用いられますが、道路交通法第二条では「歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によって区画された道路の部分をいう」、道路構造令第二条では「専ら歩行者の通行の用に供するために、縁石線又はさくその他これに類する工作物により区画して設けられる道路の部分をいう」とそれぞれ定義されており、法令上はあくまで車道などに併設して区画、整備された道のことを指しています。さらに、道路構造令第十一条には「歩道の幅員は、歩行者の交通量が多い道路にあっては3.5メートル以上、その他の道路にあっては2メートル以上とするものとする」とあり、道幅も明確に定められています。

都市部にいると、比較的整備された道が多いと感じる日本ですが、歩道の設置率(道路実延長に占める歩道延長の値)をみると、意外な事実がわかります。実は国道でも約6割、都道府県道では4割弱、市町村道においてはわずか9%しか歩道が設置されていないのです(「道路統計年報2016」国土交通省道路局より)。歩道の設置率は通学路などを優先することもあり、地域による差も大きいようですが、こうしてみると意外と少ないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

◆歩道の設置率

一般国道 都道府県 市町村道
60.3% 39.1% 8.9%

※出典:「道路統計年報2016」(国土交通省道路局)

203528_02.JPG

歩道の始まり

馬車の利用が進んでいたヨーロッパで、馬車と歩行者が通行する道を区別したのが歩道の始まりといわれています。2000年以上も前の文化や文明が垣間見られるローマのポンペイ遺跡では、馬車道の両側に一段高くなった歩道が設けられていて、さらに、歩行者が馬車道を横切るための、横断歩道の起源とも呼べる踏石が残されていることでも知られています。

日本では、江戸幕末の慶応年間に横浜の外国人居留地で馬車道と人道を区別したことが歩道の最初とされています。その後、1872(明治5)年の大火のあとにロンドンの街並みをまねて作られた銀座煉瓦街で、馬車や人力車が通行するメイン道路の両脇に、きちんと区画された歩道が設けられました。そして、大正期に入りクルマが普及し始めると、1919(大正8)年には日本の道路政策の基本となる道路法が公布されました。また、同年には一定規模以上の道路は車道と歩道を分離することと規定した街路構造令も交付され、歩道の設置が一気に加速しました。

翌1920(大正9)年には、日本で初めてとなる横断歩道が東京の錦糸町に設けられました。市電を横切るために設置されたため、当時は電車路線横断線と呼ばれ石灰粉で書かれていました。ちなみに、横断歩道標示が法律化されたのは1960(昭和35)年のことで、現在の縦線のないゼブラ模様のデザインが主流になったのは1992(平成4)年以降からです。

◆横断歩道の変遷

203528_03.jpg

歩道と自転車

ここであらためて考えておきたいのが、自転車は歩道と車道のどちらを走行すべきなのかということです。意外に知らない方が多いようですが、自転車は道路交通法上では軽車両に分類されているため、原則として車道を走行しなければなりません。歩道はあくまで歩行者の通行が優先されています。ただし、標識で自転車通行可とされている歩道は走行することができ、この場合、自転車は車道寄りを原則徐行しなければなりません。

また、2008(平成20)年8月の道路交通法および同施行令改正によって、歩道を通行できる自転車に以下の場合が追加されました。

●児童(6歳以上13歳未満)や幼児(6歳未満)が運転する場合
●70歳以上の者が運転する場合
●安全に車道を通行することに支障を生じる程度の身体の障害を持つ者が運転する場合
●車道等の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められる場合

一方、歩行者に対しても、歩道内に自転車の通行すべき部分が指定されている場合は、この部分をできるだけ避けて通行するように努めること、という新たな規定が設けられていますので、普段あまり自転車を利用しないという方もきちんと覚えておきましょう。

203528_04.JPG

歩道がない狭い道ではクルマのドライバーは、いつも以上に注意深く運転する必要があります。必ず速度を落として、歩行者の安全を確認しながら走行してください。なお、原則としてクルマは路側帯の領域内に進入して通行することができないということを覚えておきましょう。

このコーナーでは、ドライブやカーライフに関する一般的な情報をご紹介しております。
個別のご質問につきましてはコメントとしてご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。

(関連記事)
最近の道路交通法改正(2015年度)

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル