お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

安心・快適ドライブ

自分の違反履歴や現在の違反点数を知る方法

2017年06月14日|編集:福田

運転免許更新の時期が近づくたびに、「今回自分は違反があったかな?」と思いだせない人はいませんか。また、「いったいあと何点で免停になっちゃうの?」と切実な悩みを抱えてしまった人もいるかもしれません。今回は自身の違反履歴や現在の違反点数を知る方法について紹介します。

交通違反の点数制度の仕組み

217182_02.png駐車違反やスピード違反などの交通違反で取締りを受けた場合に、点数がつけられることはご存じかと思います。この「点数制度」と交通違反の種類別の点数の詳細については、運転免許更新の際に渡される「交通教本」に記載されていますのでしっかりと確認しておきましょう。更新が済んだからといって、交通教本をすぐに捨ててしまわないようにしたいものです。

点数制度は基本的に「過去3年間の交通違反や交通事故」に対して点数をつけ、その合計点数が一定の基準に達した場合に運転免許の効力の停止や取消しなどの処分をする制度です。累積点数が累計6点以上になってしまうと免許停止処分となります(過去の免許停止や取消しの前歴がない場合)。なお、過去の違反や事故から3年間何事もなければ点数は0に戻りますが、以下の無事故・無違反者に対する特例も認められています。

●1年以上の免許期間、無事故・無違反であったときは、それ以前の違反や事故の点数は加算されません。

●2年以上の免許期間、無事故・無違反であった者が、軽微な違反行為(点数が3点以下である違反行為)をした場合、その後3ヵ月の免許期間、無事故・無違反であったときは、その点数は加算されません。

●運転免許の停止などの前歴のある場合であっても、その後、1年以上の免許期間、無事故・無違反で、しかも、運転免許の停止も受けないで経過したときは前歴0回の者として扱われます。

違反履歴や現在の違反点数を確認するには?

自分の違反履歴や累積点数を確認する方法は、一般的にはあまり認知されているとは言いがたいのが実情ですが、実際はそれほど手間をかけずに確認することできます。

運転免許証や交通違反・事故に関する記録は、警察庁所管の特別民間法人である「自動車安全運転センター」が集約して記録・管理しています。こちらに書面で申請することで「運転経歴に関する各種証明書」を送ってもらうことが可能です。

証明書の申込用紙は、警察署、交番、駐在所、または各地の自動車安全運転センター事務所に置いてあります。交付手数料は1通につき630円で、センター事務所の窓口で申込めば数日後に郵送で証明書が届きます。また、ゆうちょ銀行・郵便局で払込むことも可能で(別途、払込料金が必要)、この場合は証明書の到着には2週間程度かかります。

自動車安全運転センターで取得可能な運転経歴に関する証明書は4種類あります。

●無事故・無違反証明書
無事故・無違反で経過した期間を証明するもの。1969(昭和44)年10月1日(沖縄県交付は1972(昭和47)年5月15日)以降の期間であれば証明が可能です。

●運転記録証明書
過去5年・3年・1年の期間を選んで交通違反、交通事故、運転免許の行政処分の記録について証明するもの。申請した期間の交通違反、交通事故、行政処分の年月日や内容、点数がすべて記載されています。また、現時点での累積点数と前歴回数もわかります。

●累積点数等証明書
交通違反や交通事故の点数が、現在何点になっているかを証明するもの。

●運転免許経歴証明書
免許証の内容を証明するもの。基本的には現在持っている運転免許証と同じ内容が記載されているものですが、失効や取消しになった免許についても証明してもらうことができます。

一般的な使用目的として現在の自分の累積点数を知りたいのであれば、運転記録証明書か累積点数等証明書を入手すればいいでしょう。

運転記録証明書の見本
217182_01.jpg
※自動車安全運転センターウェブサイトより

実は累積点数が4点または5点(前歴なしの場合)になると、申請をしていなくても自動車安全運転センターから「累積点数通知書」が送られてきます。つまりこのハガキが届いていない場合は、現在の累積点数が3点以下であるということになります。

累積点数が0なのにゴールドからブルー免許に転落?

意外と多くのドライバーが勘違いをしていることが多いのが、違反点数と免許証の色の関係についてです。

ゴールド免許になるための条件は「5年間無事故・無違反」でいることです。また、有効期間5年間のブルー免許の条件は「過去5年間で違反点数が3点以下の軽微な違反が1回のみ」です。グリーン免許からの初回更新者や、過去5年間に違反点数4点以上の違反、もしくは3点以下でも2回以上の違反をしてしまった場合の有効期間は3年間になります。ちなみに、違反点数の判定は免許更新年の誕生日の40日前に行われています。

そして、免許の色と有効期間の条件は、特例による点数のリセットとは無関係です。これは現在の累積点数ではなく、期間内の違反歴を対象としているためです。そのため「1回だけ違反をしたけど、3ヵ月間無事故・無違反だったから次もゴールド……」とはなりません。運転免許の更新案内ハガキが届く前に次回の免許有効期間を確認したい場合は、累積点数等証明書ではなく過去5年間の運転記録証明書を入手したほうがよいでしょう。
 

無事故・無違反証明書と運転記録証明書では、証明日以前に1年以上事故や違反の記録がない場合、「SDカード(セーフティードライバーカード:事故無違反の携帯用証明で無事故・無違反の期間に応じて5種類の色があります)」も一緒に送られてきます。このSDカードがあれば、全国25000店以上の店舗などで特典・優遇を受けることができます。長期間無事故・無違反の人は、一度証明書を申請してみてはいかがでしょうか。

このコーナーでは、ドライブやカーライフに関する一般的な情報をご紹介しております。
個別のご質問につきましてはコメントとしてご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。

(関連記事)
交通違反での白キップ
交通違反の青色キップと赤色キップの違い

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル