お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

健康のススメ

パソコンとストレートネックの怖い関係

2016年08月16日|編集:福田

仕事のせいで首や肩に不調を抱えている方の数が年々増えています。その原因は長時間労働にあると思われがちですが、OECD(経済協力開発機構)が発表した実質労働時間ランキングによると、高度経済成長まっただ中の1970年では、日本人の年間労働時間は2243時間だったのに対して2014年は1729時間と、単純計算で年間500時間も減っています。

なぜ、労働時間が減少しているのにもかかわらず、首や肩の不調が増加しているのでしょうか。

首や肩の不調の原因は、長時間の同じ姿勢

210694_01.JPGその理由は、働き方の変化にあるようです。昭和の時代は、ちょっとした調べものもわざわざ帳簿を取りにいってページをめくり、それを手書きで書き写してまた戻すという作業が必要でした。

しかし現代は、オフィスの自分の机に座ったまま情報はパソコンで手に入れることができます。つまり時短や効率化の陰で、私たちはずっと同じ姿勢をとることを強いられるようになってきているのです。

そんなパソコンによる首の痛みの大きな原因になっているのが「ストレートネック」。首の骨は本来真っ直ぐではなく緩やかなカーブを描いているのですが、このカーブがまっすぐになってしまう人が近年増えています。

ストレートネックになると首の痛みだけではなく、めまいや歯痛、耳鳴り、うつなど、意外な場所に症状がでてくることがあり、長い間抱えている体の不調の原因が実は首だったというケースも多いのです。

パソコン作業が身体に及ぼす害

210694_02.JPGパソコン作業がストレートネックを引き起こすのは、作業に集中している時、肩と顎が前に出る猫背姿勢を長く続けてしまうことが主な原因です。その際、特に問題になるのがノートパソコンと言われています。

本来、パソコンのモニターの位置は目線よりやや下くらいが理想ですが、ノートパソコンの場合、キーボードとモニターが一体になっているため、どうしても「猫背」「顎が出る」「上から覗きこむ」というストレートネックの原因になりやすい姿勢になってしまいます。

仕事の都合で外にパソコンを持ちださなければいけない場合は仕方ありませんが、オフィス内や家庭に常設して使う場合は、ノートよりもデスクトップがおすすめです。しかしスペースの問題や会社の事情で、パソコンはノートブックのみしか使えない人もいるでしょう。

ノートパソコン使用時に、良い姿勢を取るためには

ノートパソコンしか選択肢がない方でも、使い方を工夫すれば首への負担は減らせます。最もよくない使い方が、膝の上にパソコンを置いての作業。

カフェのソファー席などでよく目にする風景でもありますが、首がずっと下を向き、30分も経たない間に首から背中まで強い凝りが発生する姿勢となってしまいます。

もし常時ノートパソコンで作業をする必要があれば、外付けのキーボードとマウスを別に購入し、パソコン本体はパソコンラックや机上台と呼ばれる台の上に乗せて使いましょう。もし台がなければ、パソコンの下に本などを置いて目線のやや下に来るくらいに持ち上げる方法もあります。

理想的な姿勢

210694_03.JPGパソコン作業は現代の仕事に必須ですから、できる限り首に負担をかけない正しい姿勢がとれる環境を作りましょう。

<<パソコン作業時の姿勢を作るコツ>>

● モニターは目線より下
● モニターが小さすぎると知らず知らずの間に首を伸ばして近づこうとしてしまうので、モニターのサイズは大きくするか、メガネなどで視力を矯正する
● 椅子の高さは座った時に足の裏全てが地面に着くようにして、もし届かなかったら足元に箱などを置く
● 背もたれのついた椅子にゆったりと座る

特にノートパソコンの場合、ディスプレイの位置を変えるだけで首への負担は劇的に減るので、現在首の不調がある方はもちろん、そうでない方も予防のために導入してみてください。

また、パソコン使用時だけではなく、スマホを使用する際にも下を向かないように気をつけましょう。ずっと同じ姿勢のままにせず、定期的に体を動かすことが首痛予防の基本です。

このコーナーでは、健康に関する一般的な情報をご紹介しております。個別の症状や検査結果等につきましてはご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。

<参考資料>
パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 - Fujitsu Japan
ストレートネック | 明神館脳神経外科クリニック
ストレートネックとは、原因、症状

執筆:健康スポーツライター 剱木久美子/studio woofoo

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル