お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

健康のススメ

健康診断で気になる数字 γーGTP~肝機能の指標~

2017年08月10日|編集:福田

健康診断の結果で、お酒をたしなむ方の注目度ナンバーワンは、肝臓に関する健康度でしょう。肝臓は右上腹部にあり、重さは体重の約1/45~50(1200g程度)もある体内最大の臓器です。肝臓は血管のかたまりで、5分の1は心臓からの酸素を含んだ血液、5分の4は小腸からの栄養素を含んだ血液が流れています。

肝臓の役割とγ-GTP

217683_01.png肝臓の働きは「生体の化学工場」と呼ばれるほど数多くありますが、次の2つはよく知られています。

1. 食べ物から得られた栄養素を処理し、糖分や脂肪分をエネルギーとして蓄える「代謝」機能
2. アルコールや薬や体内で発生した有害物質を水や油に溶けやすい形に変え、尿や胆汁の中に排泄する「解毒」機能

血液検査でわかる数値の1つである『γ―GTP』は、肝臓の「解毒」機能に関係した酵素です。過剰なアルコール摂取によって肝臓細胞や胆管細胞が壊れるとγ―GTPが血液中に流れ出てくることから、肝臓や胆管の細胞が壊れたことの指標として利用されています。また、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝や胆道が閉鎖された状態でも上昇します。
 

適正な数値範囲と数字の悪化で疑われる病気

流れ出たγ―GTP自体が害になることはありませんが、この数値が基準を超えると生活習慣の改善が必要です。

217683_02.png(単位:IU/l)
・基準値 男性50以下、女性30以下 ・・・ この範囲なら低くても問題はありません。
・基準値以上-100 ・・・ 多くはアルコール性肝障害です。 
・100を超えたら ・・・ 脂肪肝や肝障害が進行している可能性があります。
・200を超えたら ・・・ 胆石や胆道がんで胆道が詰まっている場合があります。必ず内科か消化器科を受診してください。

脂肪肝は、肝臓の線維化を促進しながら低・中・高度と進行して放置すると肝硬変に至ることもあります。動脈硬化や高血圧にもなりやすく、脂肪肝を甘く見てはいけません。
お酒を飲まない、肥満でもない人で正常値を超えている場合は慢性肝炎・肝硬変・肝がんの可能性もあります。100を超えたら一度は受診しましょう。
 

自覚症状

肝臓が過度なダメージを受けると肝細胞は次々に壊れていきますが、余力のある臓器なので自覚症状が出にくく、「沈黙の臓器」と言われるゆえんです。肝疾患の自覚症状のひとつである黄疸が出て初めて肝疾患に気がつくケースは3割、健康診断などで発見されるケースが7割です。
 

数値が悪化した場合の対策

217683_03.png多くの場合は太り過ぎや脂肪の取り過ぎ、お酒の飲み過ぎが原因です。γ-GTPはアルコールに対して短期的に鋭敏に反応しますので、100IU/l以下であれば2週間ほどの禁酒で元に戻ります。健康診断でこの数値が高くなってきたら、早めに生活習慣の改善に取り掛かってください。
 

最後に

自覚症状に乏しい肝疾患ですが、ご本人は食べ過ぎや飲み過ぎの自覚はあるはずです。週2日の休肝日を設けたり、肥満の解消と食生活の改善、運動習慣を心がけたりするなど、できることを見つけて早速始めてください。

このコーナーでは、健康に関する一般的な情報をご紹介しております。個別の症状や検査結果等につきましてはコメントとしてご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。

監修:保健師 野瀬里美

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル