ちょろけんぴ | 岸和田SA 上り | サービスエリア★グルメ
FM802

「ちょろけんぴ」

放送日:2020年10月18日 FM802 ジャンル:おみやげ,スイーツ 料金:1296円

ちょろけんぴ 阪和自動車道上りの「岸和田サービスエリア」。
和歌山から大阪市内に向かう途中にあるサービスエリアで、地元の食材を使ったお料理を楽しめるレストランや、名物メニューになっている「みかんパン」を味わえるベーカリーもあります。

そんな「岸和田サービスエリア上り線」のオススメグルメは、「ちょろけんぴ」1296円。高知産のさつまいもを使った芋けんぴで、かわいいデザインの赤い缶に入った大阪名物の商品です。

「ちょろけん」は、江戸時代後期に流行した門付け芸のことで「人々に福を呼び込む」をコンセプトに、芸者がお面を付けて大阪の町を練り歩いたそうです。江戸時代、大阪には日本各地から名産品が集まり、土佐堀で荷揚げされていました。当時の土佐、現在の高知県産さつまいもを使った「芋けんぴ」と、大阪の芸「ちょろけん」がコラボレーションして生まれたのが『ちょろけんぴ』です。大阪土佐堀にある土佐稲荷神社の奉納菓子でもあります。赤い缶を開けると、大きな袋に入った300gの芋けんぴと、お裾わけ袋(封筒4枚と封をするシール)が入っています。ちょっと硬め、そして長めの芋けんぴの味は、さつま芋の自然な甘みと、うっすらと感じる絶妙な塩味。添加物や保存料を一切使っていないので、安心して食べることができます。定番とは違ったお土産を送りたい人にピッタリです!

「岸和田サービスエリア上り線」は、京町家をイメージしている建物や、岸和田市内を望むことができる展望台もあり、ドライブ休憩にぴったりのスポットです。ぜひお立ち寄り下さい!


※商品の情報は、取材当時のものです。価格や商品内容などは変わる可能性があります。また、現在は取扱いのない場合もありますのでご了承ください。

  • サービスエリアから探す
  • グルメのジャンルから探す

更新情報

RSS

    このページの先頭へ