お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

自動車保険

【過失割合】追突された場合

2013年01月23日|編集:小原

121225_kashitsu_illust01.jpg交通事故による損害の賠償額が「過失割合」に応じて相殺される、という話は耳にされたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、賠償額を決める重要な要素となる「過失割合」について、事故例を挙げて解説します。

 

「過失割合」とは

交通事故の当事者間における、事故発生に至ったお互いの責任(不注意)の割合を、「過失割合」と言います。

交通事故の過失割合については、裁判例が蓄積されており、事故の形態に応じた基本的な参考割合が裁判官によって示されています。 実際に事故が発生した場合は、その事故の状況をそれらの基準と照らし合わせて、妥当な割合を決定していくことになります。

今回は、「追突された場合」の過失割合について紹介します。
 

交通事故の状況

一般道路の交差点で、赤信号のため止まっていたところ追突されました。幸いケガはなかったものの、自分の車の後ろの部分がへこんでしまいました。
このような場合、追突された側にも責任があるのでしょうか?
 

追突された場合の過失割合は?


121225_kashitsu_illust02r.jpgのサムネール画像

一般道路で赤信号で停止しているときに追突された事故の場合、基本的には追突された側に責任はないとするのが基本的な考え方です。 
なお、これは基本的な割合となり、個々の状況等によっては100:0の事故とならない可能性もあります。
 

ご自身が加入している保険会社に連絡しましょう。

ご自身に責任がない事故であっても、その後の解決に至るまでの話し合いの過程で問題が生じるかもしれません。
事故が起きたら、ご自身に過失がなくても、まずは加入している保険会社に連絡し相談にのってもらいましょう。
 

【ご注意!】 
・ ここで紹介した過失割合は、あくまでも一般的な基本の割合です。事故や事故当時の状況によって過失割合は異なります。あくまでもご参考とお考えください。
・ このコーナーでは個別のご質問にはお答えいたしかねますので、何とぞご了承ください。
・ ここで紹介した保険金は、当該ご契約がある場合の、支払える主な保険金となりますので、お客様のご契約内容によってはこれに追加してお支払いができる場合、あるいは記載の保険金がお支払いできない場合もございます。なお、お支払いできる保険金は契約保険金額が限度となります。また、免責金額が設定されている場合は、免責金額を超えた分についてお支払いします。
・ 保険約款に定める「保険金をお支払できない場合」(免責条項)に該当する場合は保険金お支払いの対象となりません。

(関連記事)
 ◇ 【過失割合】自動車同士の事故で、過失割合が100:0となるケース
 ◇ 【過失割合】赤信号無視の歩行者に衝突
 ◇ 【過失割合】玉突き事故

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル

MENU