お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

自動車保険

【過失割合】あおり運転(煽り運転)をしてきた車との事故

2018年03月13日|編集:福田

2017年6月に東名高速道路で発生した「あおり運転(煽り運転)」による死亡事故は、大きな社会問題として取上げられています。

あおり運転が厳罰処分化されるようになったこととあおり運転への対処法は、あおり運転(煽り運転)の厳罰化と対処法で紹介していますが、実際にあおり運転をしてきた車と接触してしまった場合の過失割合が気になる方も、多いと思います。

今回は、あおり運転をしてきた車との交通事故の過失割合について、例を挙げて解説します。

222455_01.jpg

【ご注意!】
ここで紹介する過失割合は、あくまでも一般的な基本の割合です。事故や事故当時の状況によって過失割合は異なります。あくまでもご参考とお考えください。

【事例】片側一車線の道路における、あおり運転を起因とした追突事故

片側一車線の一般道にて法定速度を守って直進していた車が、後続車両に車間距離を詰める形であおられ、その後、後続車両に追突されてしまいました。前を走っていた車はあおられても速度を変えること無く、急ブレーキなどもかけていませんでした。

222467_02.JPG

【過失割合】

A(追突された車):B(追突した後続車)=0:100

【解説】

追突事故の場合、基本的に追突された車には過失がなく、追突した後続車の前方不注視や車間距離不保持などの一方的な過失によるものと考えられます。この事例では、法定速度を守り、後続車に対して急ブレーキをかけるなどをしなかったにもかかわらず追突されたものですので、A(追突された車)の過失は発生しないという考え方になります。

ただし、ドライバーは危険を防止するためやむを得ない場合を除き、急停止をさせる、または急ブレーキをかけてはならないとされています(道路交通法第24条)。

もしA(追突された車)に、追突される前に危険を防止する以外の理由の急ブレーキ等があったと認められた場合には、A(追突された車)に過失が発生する可能性もあります。

あおり運転をされた場合の一番の対処方法は、相手にせず道を譲ること

あおり運転を起因とした交通事故の報道が増えており、あおり運転に対して恐怖を感じる方も多くいらっしゃると思います。あおり運転をされた場合の一番の対処方法は、相手にせず道を譲ることです。

※あおり運転をされた場合の対処法はこちらの記事(あおり運転(煽り運転)の厳罰化と対処法)で紹介しています。

いきなり追突されてしまったという場合には回避をすること自体難しいかもしれませんが、あおられたことに反応して急ブレーキをかけることは、事故を誘発する危険性があるだけなく、もとはあおり運転をされている被害者にもかかわらず、過失が発生する可能性も出てきてしまいます。

また、速度を上げて逃げることも非常に危険で事故につながる可能性がありますので、決してやってはいけません。

なお、 あおり運転をしかけてくるドライバーに対しては、ドライブレコーダーの設置は効果的であるといわれています。『あおり運転を記録している』という意思表示が抑制効果となるほか、実際の事故発生の際にはドライブレコーダーの映像が有力な証拠となることもあります。あおり運転にあわないか不安な方は、ドライブレコーダーの設置を検討してみてもよいかもしれません。

このコーナーでは、ドライブやカーライフに関する一般的な情報をご紹介しております。個別のご質問につきましてはコメントとしてご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。

(関連記事)
あおり運転(煽り運転)の厳罰化と対処法

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル