お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

自動車保険

【保険金は支払われる?】車が盗難されてしまった

2018年04月16日|編集:福田

警察庁の調べによると、自動車の盗難件数は年々減少傾向にあるものの、2017年中には10,213件も発生していたことが報告されています。1日あたり約28件の車両盗難が発生している計算で、決して他人事ではないといえるでしょう。

ここでは、車が盗難された場合、自分の自動車保険がどのように役立つかについて、事例を挙げて解説します。

【ご注意!】
ここで紹介する事例等は、あくまでも当社の商品内容に基づくもので、かつ、一般的なものです。ご契約内容や損害を受けた状況などによって実際の対応は異なることがあります。

【事例】 駐車場に停めていた車が盗難されてしまった場合

朝、駐車場に昨晩停めたはずの自分の車がなくなっていたことに気付きました。警察には盗難届を出しましたが、自動車保険から保険金は支払われるのでしょうか?

224050_01.png

【解説】 車を盗難された場合、車両保険から保険金が支払われます。

自分で加入している自動車保険に車両保険をセットしていれば、車両保険から保険金が支払われます。車両保険には、主に「一般型」と「エコノミー型」がありますが、いずれのタイプの車両保険でも補償されます。

224050_02.png

支払われる保険金の額は?

盗難の場合は全損(修理費が保険金額を超えてしまうこと)と同じ扱いになるため、契約時に設定した車両保険の保険金額の全額が支払われるほか、車両全損時臨時費用保険金(*1)が追加で支払われます。

(例)車両保険の保険金額が200万円、免責金額5-10万円(保険期間中、車両保険の使用が1回目の場合は5万円、2回目の場合は10万円の自己負担額が生じる)の場合

損害額200万円
支払われる保険金200万円+20万円(車両全損時臨時費用保険金)=220万円
※全損の場合、免責金額は発生しません。

(*1)契約車両が全損となった場合に、車両保険の保険金額の10%(上限20万円)が支払われます。

また、盗難された車の中に個人が所有する物を積んだままの場合は、「車内身の回り品特約」をセットしていれば、同特約からも保険金が支払われます。

次年度のノンフリート等級は?

車の盗難で車両保険を使うと、「1等級ダウン事故」という扱いになり、次年度の契約の等級は1等級下がります。
また、事故あり係数適用期間は1年加算されます。

保険金が支払われた後に、盗難された車が見つかった場合はどうなる?

保険会社から保険金が支払われると、盗難された車の所有権は保険会社に移ります。しかし、保険金が支払われた後に、警察から「盗難された車が見つかった」という連絡が入る可能性もあります。

このような場合、保険金を受取ったままにするか、もしくは見つかった車を修理して引続き乗るかを選択することができます。見つかった車を修理する場合も、保険金支払いの対象となります。

ただし、すでに車の所有権は保険会社に移っているため、見つかった車を引続き乗る場合は受取った保険金を保険会社に返金する必要があります。(*2)

(*2)保険会社に移った車の所有権を再度自分に戻す場合は、保険金が支払われた日の翌日から60日以内に車が発見された場合に限ります。

車が見つかったのは喜ばしいことですが、車は一度盗難されると、盗難される前の状態で戻ってくる方が珍しいと言われています。車への愛着と相談しながら、どちらを選択するのかを決めることになるでしょう。

盗難被害に遭わないことが一番

車の盗難は自動車保険で補償することができますが、できる限りの盗難防止策をとり、被害に遭わないことが一番です。

自分の車は最新の盗難防止装置が標準装備されているので大丈夫!と思ったりはしていませんか?日本損害保険協会の調べによると、最近は初度登録から5年未満の車の被害が増加傾向にあるようで、防盗性能の高い車両でも被害にあうことが分かっています。

大切な車を守るため、有効な盗難防止対策が取れているか、今一度確認されてはいかがでしょうか。

車両盗難防止対策

確実な施錠

短時間でも車から離れるときは、完全に窓を閉め、キーを抜いてハンドルロックとドアロックを施しましょう。

イモビライザーの装着

盗難被害に遭わないためにも自動車にイモビライザーを装着しましょう。

盗難防止装置の活用

センサーが衝撃・振動・音等の異常を感知し警報音を発する警報装置、ハンドル固定器具、タイヤのホイールロック、GPS追跡装置等の盗難防止機器を活用しましょう。

防犯設備が充実した駐車場を利用

見通しがよく、防犯カメラや照明等の防犯設備が充実し、管理された駐車場を利用しましょう。

貴重品は車内に放置しない

車内に現金、カード類やカバン等の貴重品を置いたままにすると犯罪を誘発します。車から離れるときは、必ず持ち出しましょう。

自動車部品への盗難防止対策

ナンバープレートやタイヤ、ホイールなどの部品ねらいにも注意が必要です。盗難防止ネジなどでしっかり固定するなどして対策をしましょう。

引用:自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチームのウェブサイト/クルマの盗難防止対策

 

よく狙われる車種の存在

日本損害保険協会の調べによると、自動車盗難(損害保険会社が2017年11月に保険金を支払った事案を対象にしたもの)の多かった車種は以下のようになっています。

1位 プリウス
2位 ランドクルーザー
3位 ハイエース
4位 レクサス
5位 スカイライン

盗難車種上位に入っているお車に乗られている方は特に、盗難対策を今一度チェックされることをおすすめします。

<参考資料>
警察庁 犯罪統計資料(平成29年1~12月分【確定値】訂正版) 
日本損害保険協会 19回自動車盗難事故実態調査結果発表

車が盗難されてしまった際の事故報告から解決までの流れについては、こちらで解説しています。

このコーナーでは、ドライブやカーライフに関する一般的な情報をご紹介しております。個別のご質問につきましてはコメントとしてご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル

MENU