お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

安心・快適ドライブ

タイヤのローテーションをしていますか

2013年04月04日|編集:福田

オイル交換のタイミングは気にしているけれど、前回「タイヤのローテーション」をしたのはいつなのか覚えていない、というドライバーは多いようです。今回はタイヤのローテーションの効果やタイミングについて紹介します。
 

クルマや位置によって異なるタイヤの摩耗度合い

タイヤは消耗品ですので、クルマを使用していれば当然摩耗していきます。しかし、タイヤは4輪すべてが均等に摩耗するわけではありません。タイヤの摩耗度合はクルマの駆動方式によって異なります。一般的に、加速による力がかかるタイヤが摩耗しやすいため、FF(前輪駆動)車は前輪側、FR(後輪駆動)車は後輪側のタイヤが摩耗しやすくなります。なお、4WD(四輪駆動)車の場合は、車種にもよりますがFF車同様にフロントタイヤの摩耗が進みやすいようです。
また、タイヤが摩耗する部位も前輪側と後輪側では異なります。前輪側のタイヤにはコーナーを曲がる際に力が集中するため、ショルダー部分の摩耗が発生しやすく、後輪側のタイヤはセンター部分の摩耗が進みやすくなります。
 

タイヤのローテーションとその効果

つまり、タイヤのローテーションをまったく行わずに使用し続けると、前後輪のタイヤの摩耗度合いが異なるため、偏よった摩耗(偏摩耗)を起こしてしまいます。偏摩耗したバランスの悪い状態でそのまま走行し続けると、偏摩耗が進行してしまい、タイヤの寿命を縮めることになります。

そこでタイヤの偏摩耗を防ぎ長持ちさせるために、タイヤの定期的な位置交換(ローテーション)が効果を発揮します。
タイヤのローテーションは装着されているタイヤの取りつけ位置を入替えるという作業です。ローテーションを行うことでタイヤの摩耗が均一化され、長持ちさせることができるのです。

20130404_001.jpg
フロントタイヤはショルダー部分の摩耗が進みやすくなります。
 

タイヤのローテーションの方法

タイヤのローテーションでは、前輪タイヤと後輪タイヤを交換することが基本です。ローテーションを行う場合は、フロント側とリア側をたすきがけのような形で(X字)交換する方法と、前後を平行に交換する方法があります。(*1)

(*1) ただし、一部のタイヤには方向性パターンが指定されているものが存在します。これはタイヤの回転方向が指定されているタイヤのことで、指定された方向に回転することによって性能が発揮されるようになっています。そのため、こうしたタイプのタイヤを装着している場合は、前後を平行にローテーションする方法しか行えません。方向性パターンが指定されたタイヤのサイド部には、矢印で方向性パターンマークが表示されていることがほとんどですが、よくわからないという方はディーラーやタイヤショップなどで確認したほうがよいでしょう。

また、現在ではほとんどの車種のスペアタイヤは、応急運転時限定のタイヤを採用していますが、装着車輪と同じタイプのホイールとタイヤをスペアとして装備しているクルマでは、スペアタイヤを含めた5本のタイヤでローテーションを行いましょう。そうすることで、パンク時にスペアタイヤと交換してもタイヤ全体のバランスが保たれ、走行性能が低下しません。

20130404_002.jpg
 

タイヤのローテーションの時期

FR車の場合、タイヤのローテーションは走行距離1万kmごとが目安とされています。それに対し前輪に制動力・コーナリングの力・駆動力が集中的にかかってしまうFF車は、FR車のリアタイヤの摩耗に比べ、2倍の早さでフロントタイヤが摩耗するとされています。FF車にお乗りの方は早めのローテーションを意識したほうがよいでしょう。また、タイヤの摩耗度合はドライバーの運転環境によって異なってきます。普段からタイヤの溝の深さをチェックする習慣をつけ、駆動輪側の減りが大きくなってきたと感じたら、タイヤのローテーションを考えましょう。

なお、タイヤのローテーションは4本すべてのタイヤを交換することになりますので、かなり手間がかかります。作業をする場所がよほど広く充実した環境でない場合は、スペアタイヤも使いながら安定させた状態で作業しないと危険です。
タイヤのローテーションはディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドなどでも、2,000円前後の工賃で行ってくれます。定期点検やオイル交換、スタッドレスタイヤとの入れかえの際に、同時にお願いしてしまう方法がおすすめです。

タイヤはクルマの走行性能と安全性に直結する重要なパーツです。普段ディーラー任せで気にしていなかったという方は、点検整備記録簿を確認してみましょ う。タイヤローテーションを行っている場合は、しっかりと記載されているはずです。そして、運転前にはクルマの周りを回ってタイヤの状態を確認するクセを つけましょう。


ソニー損保のスマートフォン向け無料アプリ「給油メモ」には、タイヤローテーションやオイル交換、定期点検などの期日を設定し、時期が近づくとアラート表示してくれる「メンテチェック」の機能もあります。とても便利な機能ですので、興味をお持ちになった方はぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?
145585_04.png
※アプリ画面イメージ
ダウンロードこちらから 給油メモ

このコーナーでは、ドライブやカーライフに関する一般的な情報をご紹介しております。
個別のご質問につきましてはコメントとしてご投稿いただいても、弊社から回答をさしあげることはできません。あしからずご了承ください。

(関連記事)
 ◇ 覚えておきたいタイヤ交換の注意点

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル

MENU