お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

ソニー損保

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

保険なるほど知恵袋

保険とくらし

「個人賠償責任保険」とは?(2/2)~「自転車保険」も個人賠償責任保険?~

2012年09月24日|編集:小原

「個人賠償責任保険」とは?(1/2) ~基本的な知識~では、個人賠償責任保険の補償内容や適用範囲についてファイナンシャルプランナーの深沢さんに解説していただきましたが、今回は、最近話題となっている自転車保険について触れていただきました。

ファイナンシャルプランナー 深沢泉さんのプロフィール
 

9. 最近、「自転車保険」という商品があるけれど・・・

gf1120307775x.jpg自転車専用の保険と言えば、公益財団法人日本交通管理技術協会に登録した「自転車安全整備店」で購入した自転車や、安全点検を行った自転車に対して「自転車安全整備士」が貼り付けた「TSマーク」に付帯している保険があります。自転車搭乗中に死亡・重度後遺障害の補償として最高100万円、15日以上の入院で最高10万円、自転車運転中に相手を死亡・重度の後遺障害状態にさせた場合に最高2,000万円の保険金が支払われるものがあります。

また、財団法人日本サイクリング協会(JCA)では、JCAの賛助会員(年会費は個人の場合5,000円)となることによって「JCA自転車保険」に加入することができます。補償内容は、賠償責任補償で最高5,000万円、本人の死亡・後遺障害の補償213万円です(追加の保険料を支払うことにより、死亡・後遺障害の補償340万円、入院時の補償日額4,000円が追加されます)。

このように、保険料を負担することなく、自転車の安全について普及を行っている団体の付帯サービスを活用することも、ひとつの選択肢です。

最近は損害保険の代理店などが、「自転車向け保険」と称して募集を行っているケースがあります。
厳密には、民間の損害保険会社が引き受ける保険商品に「自転車保険」というものはありません。従来から販売されている商品で、ケガによる死亡・後遺障害、入院・通院・手術の補償を行う「普通傷害保険」などに、前記の「個人賠償責任保険特約」を付けて、自転車による事故や相手への損害賠償責任を補償するニーズを喚起しているようです。
したがって、補償内容を見ると、自転車運転中以外のケガ、損害賠償責任をカバーしているものもあります。しかし、中には「自転車搭乗中のみ補償」という制限の付いた保険商品もありますので、補償の範囲を十分に確認して商品を選びたいところです。
 

10. さいごに

個人賠償責任保険は、火災保険や自動車保険、各種共済、勤務先で加入する各種団体保険等に「特約」として付保されているケースがあります。

0924001.JPGこのコラムを読んで、「必要性を感じて加入したら、重複加入となった」なんてことにならないようにしてください。この保険に重複加入して保険事故が起こっても、支払われる保険金は、実際の損害額が限度です。

念のため、自分が加入している保険契約に個人賠償責任保険の特約が付いていないか、確認しておきましょう。

保険金額の設定にも注意が必要です。自転車による死亡事故で5千万円を超える判決も出ています。保険料も安価ですので、少なくとも1億円、できれば自動車保険と同様に無制限の保険金設定が望ましいと思います。

関連キーワード一覧

ソニー損保に関してのご意見を何でもお聞かせください。
お客様ひとりひとりの声を大切に、これからもより良い商品やサービスをお届けしたい。
あなたの声が、ソニー損保を変えていきます。

ページTOPへ


保険なるほど知恵袋
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 安心・快適ドライブ
  • 健康のススメ
  • 保険とくらし
  • ソニー損保の品質方針
  • コエキク増刊号
コミュニケーション
  • ソニー損保公式 Facebook
  • ソニー損保公式 Twitter
  • 幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム
  • ソニー損保のYouTube 公式チャンネル